賃貸物件の種類と特徴について

query_builder 2022/04/08
コラム
26

賃貸物件への引っ越しを考えている方は、自分に合った物件を選びたいですよね。
そのためには、賃貸物件の種類とその特徴を知っておくことが大切です。
そこで今回は、賃貸物件の種類と特徴について解説していきます。

▼賃貸物件の種類
■アパート
アパートというと、比較的築年数が古い建物をイメージする方が多いかもしれません。
たしかにマンションと比べて造りが簡素ですが、最新設備を導入したアパートや築年数が浅いアパートもたくさんあります。
アパートとは基本的に2階以下の低層住宅を指し、軽量鉄骨造や木造建ての建物が多いです。
また、マンションに比べて家賃が安い傾向にあります。

■マンション
マンションは、主に3階以上の高層住宅を指します。
また、鉄筋コンクリート造や鉄骨鉄筋コンクリート造の建物が多く、アパートに比べて造りがしっかりしています。
また、オートロックや宅配ボックス・監視カメラなど、セキュリティや設備面が充実しているのが特徴です。

■その他
物件を探していると、「○○コーポ」や「○○ハイツ」といった名前を見かけることがあるでしょう。
これらも集合住宅の1つですが、とくに区分がないのでアパートのカテゴリーに入ることが多いです。
造りもアパートと似ているので、アパートとして考えても問題ありません。

▼まとめ
賃貸物件は、主にアパートとマンションに分かれます。
それぞれ造りや戸数・家賃・設備などに違いがあるので、物件を選ぶ際は建物の条件をしっかり確認することが大切です。
福島市で賃貸物件をお探しの方は、ぜひ弊社にご相談ください。

記事検索

NEW

  • 不動産投資のやり方について

    query_builder 2022/08/01
  • 不動産会社選びで失敗しないためのコツとは

    query_builder 2022/07/15
  • 「表面利回り」と「実質利回り」の違いについて

    query_builder 2022/07/01
  • 「売買物件」と「賃貸物件」向いている人の特徴とは

    query_builder 2022/06/15
  • 売買物件を選ぶメリットとは

    query_builder 2022/06/01

CATEGORY

ARCHIVE