賃貸物件のメリットとデメリットについて

query_builder 2022/04/01
コラム
25

ライフステージが変わるタイミングで引っ越しをする方が多いですが、「賃貸」と「持ち家」で悩むことがあるのではないでしょうか。
どちらにもメリットとデメリットがあるので、それを踏まえたうえで慎重に選択する必要があります。
そこで今回は、賃貸物件のメリットとデメリットについて解説していきます。

▼賃貸物件のメリット
■不満があればすぐに引っ越せる
持ち家の場合は多少の不満があっても我慢しなければなりませんが、賃貸物件は建物の設備や隣人関係などに不満があればすぐに引っ越すことができます。
また、生活スタイルやライフステージが変わっても、その都度適した物件に住むことができます。

■税金の負担が少ない
不動産を所有すると、固定資産税がかかります。
しかし、賃貸物件は資産ではないので固定資産税を払う必要がなく、持ち家に比べて税金面の負担が少ないと言えます。
その代わり、毎月家賃や共益費などがかかります。

▼賃貸物件のデメリット
■住み続ける限り家賃が発生する
持ち家の場合、ローンを完済すれば毎月の出費が軽減します。
しかし、賃貸物件は住み続ける限り家賃が発生するので、常に毎月の出費額が変わりません。

■勝手にリフォームできない
賃貸物件は大家さんや不動産会社が管理しているので、住みにくいからと勝手にリフォームすることはできません。
大家さんなどに相談すれば修繕してくれる場合もありますが、基本的にそのままの形で生活する必要があります。

▼まとめ
賃貸物件は、税金の負担が少なくすぐに引っ越せるというメリットがあります。
一方で、住み続ける限り家賃が発生し、住みにくくても勝手にリフォームできないというデメリットもあります。
メリットとデメリットを踏まえて、慎重に物件を選びましょう。

記事検索

NEW

  • 不動産投資のやり方について

    query_builder 2022/08/01
  • 不動産会社選びで失敗しないためのコツとは

    query_builder 2022/07/15
  • 「表面利回り」と「実質利回り」の違いについて

    query_builder 2022/07/01
  • 「売買物件」と「賃貸物件」向いている人の特徴とは

    query_builder 2022/06/15
  • 売買物件を選ぶメリットとは

    query_builder 2022/06/01

CATEGORY

ARCHIVE