角部屋と中部屋の違いは?

query_builder 2022/01/17
コラム
13

物件を選ぶ時に、角部屋と中部屋どちらがいいのか悩んでしまうことありますよね。
角部屋と中部屋にはどのような違いがあるのでしょうか?
今回は、角部屋と中部屋の違いについて解説します。

▼角部屋と中部屋の違いとは?
◾️窓の数が違う
角部屋と中部屋の違いは窓の数です。
角部屋は、片側には隣家がないため側面の壁に窓がある場合が多いです。

中部屋は、両側に隣家があるので側面の壁には窓がありません。
そのため、日当たりや部屋の明るさには差が出てくるでしょう。
また、中部屋の場合には階数や建物周辺の環境によっては、日が全く入らない可能性もあります。

◾️部屋の広さ
角部屋と中部屋の違いは部屋の広さです。
一般的には角部屋の方が中部屋よりも部屋が広く作られている傾向があります。
また、バルコニーの広さにも差がある場合も。

◾️玄関前の人の行き来
角部屋と中部屋の違いは、玄関前に人の行き来があるかどうかです。
中部屋の場合には当然両隣にはほかの人が住んでいるため、自分の玄関前には人の行き来が必ず発生します。
住人だけでなく宅配業者や郵便配達など全く知らない人の行き来もあります。
一方で、角部屋は奥に部屋がないので玄関前を人が行き来することがありません。
あったとしても、自分の家に用がある人ばかりでしょう。

▼まとめ
今回は、角部屋と中部屋の違いについて解説しました。
住んでみてから「こんなはずじゃなかった…」と後悔することがないように、可能であれば角部屋と中部屋どちらも内見をして見比べてみるのがおすすめです。
福島市の不動産会社「株式会社LDKインベストリー」は、お客様のご希望に沿った物件を提案いたします。
物件探しでお困りのかたはぜひ弊社にご相談ください。
スタッフ一同ご来店をお待ちしております。

記事検索

NEW

  • 不動産投資のやり方について

    query_builder 2022/08/01
  • 不動産会社選びで失敗しないためのコツとは

    query_builder 2022/07/15
  • 「表面利回り」と「実質利回り」の違いについて

    query_builder 2022/07/01
  • 「売買物件」と「賃貸物件」向いている人の特徴とは

    query_builder 2022/06/15
  • 売買物件を選ぶメリットとは

    query_builder 2022/06/01

CATEGORY

ARCHIVE